【現役ハメ撮り師匠】初心者でも超簡単にできるハメ撮りのやり方

HOME » 40~60代のマッチングアプリ » 【現役ハメ撮り師匠】初心者でも超簡単にできるハメ撮りのやり方
◆人気ランキング◆
第1位:ヘルスサービス系
ヘルスサービス系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第2位:出会い系
出会い系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第3位:アフター系
アフター系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第4位:エステマッサージ系
エステマッサージ系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第5位:乾杯・ナイトワーク系
乾杯・ナイトワーク系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら

【現役ハメ撮り師匠】初心者でも超簡単にできるハメ撮りのやり方

ハメ撮り動画を見るのが大好きという方は多いです。そして「自分でやってみたい!」と思う方も多いはず。でもまったくの初心者でも撮影できるか心配です。そこで現役のハメ撮りの達人が、初心者でもできるハメ撮りの方法をレクチャーします。「撮影の知識はゼロ」という方でも大丈夫なテクニックばかり。ぜひ師匠の教えに耳を傾けてみましょう。

まずはバックから撮ってみる

挿入は正常位からという男性は多いです。ここでカメラで撮影…といっても、この体位って意外と撮影しにくい。だから初心者はバックからの撮影がおすすめです。バックなら膝立ちになるから下半身を安定させられるのがいいし挿入部分もばっちり。女性の顔が映らないので女性の不安感が軽くなるといいことずくめ。初心者はバックから撮るべし!

脇を締めること

ハメ撮りの欠点は「手ブレ」が多いこと。脇をしっかり締めて手ブレを最小限に抑える。手ブレ補正機能付きのカメラもおすすめ。手ブレを起こすとせっかくのベストショットも台無しになっちゃいます。どうしても動きが大きくなりがちなので手ブレを起こしやすいのがハメ撮り。腰は降っても腕を振ったらハメ撮りはアウトです。

撮りたいものに寄っていく

ハメ撮りはエッチをしながらの撮影になるので、アングルが同じになってしまうのが難点。見ててマンネリになってしまいます。しっかりした映像ができるようになったら、カメラを近くしたり引いてみたりしてアップにしたり。画面に変化がついてより興奮する映像が撮れます。簡単だからぜひ試してみてください。

撮影のパートナーを見つける

撮影がうまくなるためには、ひたすら撮影回数を増やす必要があります。相手はいないけど撮影の腕を上げたいなら、モデルを探す必要があります。そんな時に利用したいのが「サンマルサン」です。このサイトに会員登録をし、撮影用のモデルを探してみましょう。ハメ撮り用のモデルですから許可を取るのも簡単。断られることなくハメ撮りができます。報酬が発生しますが、腕を上げるなら利用したいところ。ぜひ「サンマルサン」を訪れてみてくださいね。